FC2ブログ

コタキナバルの人気ドリンク「ライビーナRibena」

100Plusと並び(いや、100Plusには劣りますが…)、マレーシアで人気の飲み物と言えばライビーナ Ribena。写真のように、そのまま飲めるタイプと、カルピスのように、濃縮タイプで瓶に入った原液が売られています。スーパーでは一番目立つところに陳列されていて、売れ筋商品の一つです。水で割ったり、ソーダで割ったり、牛乳で割ったり、お酒で割ったり、みんな好き好きな飲み方をしています。イギリスのスミスクライン社が作っ...

続きを読む

スッキリ!ミントタブレット「フィッシャーマンズフレンド」

メントスやフリスクなど、皆さん好きですか?クセになるのか、一度口にするとなんだか手放せなくなりませんか?マレーシアのみならず、世界各国で売られている(残念ながら日本では売ってないようです…)ミントタブレットが、このフィッシャーマンズフレンド。実は、歴史がとっても古く、1865年、今から約150年前に販売を開始したタブレットで、メンソールとユーカリが主成分の天然由来で出来ています。食べると、かなりスッキリ!...

続きを読む

萬里郷肉骨茶@ダマイ,コタキナバル

マレーシアの代表的な名物料理「肉骨茶」。「バクテー」と読むのですが、コタキナバルでもいくつか肉骨茶屋さんがあります。市内、ガヤストリートにある「佑記肉骨茶」、ガヤストリートから一本海がわの通りにある「新記肉骨茶」。どちらもコタキナバル市内にあり、アクセスが便利です。でも、私がお勧めするのは、コタキナバル郊外、といっても車で約15分のところにある、ダマイ地区にある「萬里郷肉骨茶 Man Li Hiong Bak Tea」...

続きを読む

コタキナバルで食べる、ロティ・ティッシュ

コタキナバルのインド料理屋さんで、ロティ・ティッシュを注文してみましょう。「ロティ」はパン。「ティッシュ」はティッシュ。ティッシュのように薄いパンという意味。インドの料理らしいが、フランス料理のなかで「ロティ」は「焼く」という意味です。どちらが起源かわかりませんが、とにかくそういう意味らしいです。小麦粉とバターを伸ばして、伸ばして、空中でさらに広げて、薄い生地を作ります。その生地を鉄板の上で焼いて...

続きを読む

コタキナバルで点心(ディムサム)、ヒルトップの富平

飲茶、コタキナバルでは点心(ディムサム)と言います。ローカルチャイニーズが集まる点心の有名店が、コタキナバルから車で15分ほどのヒルトップという地区にあります。富平(Foo Phing)という名前のお店。エアコンが効いている部屋のテーブルと、アーケードのテーブルとがあります。エビのプリプリした食感、みんな好きですよね?ワゴンでアツアツの蒸篭を提供してくれるので、最初にいっぺんに頼まずに、ワゴンが回ってきた...

続きを読む

コタキナバルの美味しい食堂、成興(センヒン)

コタキナバルには、レストランや、クダイコピ(茶餐室)があり、クダイコピは、日本でいうところの食堂。日本ほど衛生面はよろしくありませんが、美味しいお店が結構沢山あります。そのひとつ、センターポイントの北側、歩いて10分ほどのホテルメリディアンの裏、シンスラン地区にある、成興(センヒン)はどれも美味しいのでお勧めです。なかでも、カレーラクサ(カレー&ココナッツ風味スープ麺)、トムヤムミー(トムヤムスープ麺)、...

続きを読む

コタキナバルで、昔ながらのアイス、アイス・ポトンが食べたい!

今、ちょっとしたマイブームがこのアイス。「アイス・ポトン」。ポトンとはマレー語で、「切る」とか「個」で、例えばマーケットでフルーツを買うとき、一口サイズに切ってほしいときなんかに使います。コタキナバルで作っているアイス・ポトンはこんなパッケージ。カダザン・ドゥスン族が民族衣装に身を包み踊っている姿が描かれています。味は8種類で、ドリアン、マンゴー、コーン、アボガド、チュンペダッ(ジャックフルーツに...

続きを読む

コタキナバルでよく目にする果物キッチャイ

コタキナバルのいたるところで目にすることができる果物の一つ。「キッチャイ(桔仔)」。大きさはスーパーボール位の、スダチの様な、シークワーサーの様な柑橘系の果物です。ナシゴレンや、ミーゴレン、ラクサなど、マレーシアの料理のには欠かせないので、コタキナバル旅行中、誰もが一度は出会う機会が訪れるであろう、果物。です。このキッチャイをひと絞りするだけで、あら不思議、味がシャキンッと、しまってきます!とっても...

続きを読む

コタキナバルのミルクレープ屋さん【Cafe de Vie】

ミルクレープ。フワフワしているのに歯ごたえがある食感がまりません。ミル(mille)はフランス語で1,000を意味するそうです。ティラミスミルクレープ(RM12.90≒390円)コタキナバル市街地から車で約20分。リンタス地区、そしてジャランリンタスのイナナム手前にあるメトロタウンにもあるのがこの Cafe de Vie。ホームメードのミルクレープが美味しいカフェです。フレンチバニラミルクレープ(RM10.50≒320円)1カットでも、ホール...

続きを読む

100年以上続くコタキナバルの老舗【悦昌Yuit Cheong】

一般的に、「老舗」とは、創業100年以上企業と言われる。コタキナバルの老舗と言えば、このKedai Kopi。コタキナバル市内にあるHorizonホテルの前にあるのが、Jalan Pantai(パンタイ通り)。そのJalan Pantaiにひっそりと(?)あるのが悦昌(Yuit Cheong Coffee Shop)です。知らなければ通り過ぎてしまうような店内には、50年以上前の貴重な写真が飾られています。これが昔のJalan Pantai。良く見ると悦昌も。創業は1896年。日...

続きを読む

検索フォーム

新着記事

test

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ