スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コタキナバルで食べるマレー菓子「オンデオンデ」

コタキナバルは、色んな人種が住んでいて、色んな文化が混ざり合っています。だからもちろん、「食」も混ざり合って、お互いの良いところを引き出し、新たな食文化が生まれます。

ニョニャ料理」も混ぜ合わさって出来た料理の一つです。

ニョニャ料理とは、中華系の料理とマレー系の料理が組み合わさって出来た料理で、中華系の人と、マレー系の人との間にできた女の子のことをニョニャと言うそうです。

ニョニャ料理の1つ。「オンデオンデ」を紹介します。

オンデオンデは、こんなマレー菓子です。

コタキナバルで食べるマレー菓子
コタキナバルで食べるオンデオンデ

パンダンリーフという緑の植物で色付けした餅の中に黒蜜を包み込み、ココナッツフレークでまぶしたものです。

パンダンリーフはとても便利な植物で、乾燥させて編みこみ、籠などを作ったりもでき、昔から現地の人々の生活に密接にかかわってきた植物です。緑色に着色されたパンケーキや、お餅などはすべてパンダンリーフの色と言っても過言ではありません。コタキナバルのお土産に人気のカヤジャムにも入っていて、食べると柔らかいパンダンリーフの風味が口の中に広がります。
ココナッツも、コタキナバル周辺では良く食され、ココナッツプリンやココナッツジュースは今でも定番のデザートです。
OKサイン大の大きさのオンデオンデをガブリと噛むと、中からは黒蜜がジュワ~りと出てきて、黒蜜、パンダン、ココナッツの三位一体の美味しさが口の中で混ざり合わさります。

センターポイントや、ウィスマムルデカ内のマレー菓子のお店や、セントラルマーケットの前にある歩道橋の下に夕方からできる屋台で売っています。
コタキナバルの屋台

オンデオンデコタキナバルに来たら、一度は口にしたい食べ物です!



コタキナバルの現地ツアーなら!">




関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。