コタキナバル雨季ならではのフルーツ、マンゴスチン

朝から空が雲に覆われる日が続き、西から吹いていた風が、北からの風に変わり、、水温が少しづつ下がり始め、コタキナバルはどうやら雨季に突入したようです。

雨季といっても一日中雨が降ることはほとんどなく、太陽が雲に遮られるので、むしろ過ごしやすいのではないでしょうか。

そんな憂鬱な天気の日が多い雨季でも、うれしいこともいくつかあります。

その一つが、フルーツです。

コタキナバルのフィリピーノマーケット

普段、フルーツを好き好んで買って食べたりしない私ですが、マンゴーマンゴスチンは別。香りがしたり、目に入ってきたりすると、ついつい買ってしまいます。

雨季になってようやく店頭に並ぶのが、果物の女王、マンゴスチン
マンゴスチンが店先に出てくるのを今か今かと待っていた次第です。

マーケットで買ったマンゴスチン

すっきりとした甘さと、程よい酸味とを併せ持つマンゴスチンはまさに女王の名にふさわしいと思います。日本で買うと1つ400円くらいらしいですよ。
さすが果物の女王、マンゴスチン。ビタミンBとCが豊富で美容に良く、コレステロールを下げてくれる働きもあるようです。

昨日、ホテル・メリディアン前のフィリピーノマーケットに売っていたマンゴスチンは1kg(12.3個)で10リンギット、約250円でした。食べなきゃ損!

このマンゴスチン、美味しいんですが、皮を割るとき、真っ赤な汁がでます。服に着くと真っなシミが、落ちにくかったりすることがあるので、注意が必要です。また、ホテルでもドリアンと並び持ち込み禁止のところもあるようです。まさに、綺麗なバラにはトゲがある…。

マンゴスチンの実の割り方は、実の側面を内側に押し込みます。そうすると縦に亀裂が入るので、亀裂に指をいれると、実が綺麗に縦に割れます。後は、中の白い実を頬張るだけ。中には種が1つ入っていますのでご注意を。

マンゴスチンの中身

コタキナバルに着いたら、フルーツを買いにマーケットへGO!



コタキナバルの現地ツアーなら!">



関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ