スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コタキナバルの旨いものランキング2011(10位‐6位)

2011年も残りわずか。
そろそろ1年間を振り返り、来年の目標を立てる時期ですね。
そこで、皆さんのコタキナバル旅行のお役にたてればと思い、今年1年、コタキナバル食べた料理を勝手にランキングしようと思います。


私の趣味嗜好が大きく反映されるランキングですので、「私と違う」とか、「それはまずかったゾ」とか、そういう意見はぐっと抑えて楽しんでください。
反対に「これの方がもっとうまかったゾ」とか、「この料理だったらこっちの店の方がうまかったわ」とか、そういう意見があれば教えてください!
今後のコタキナバルの食事情報発信の糧にします!

それでは始めます。

今日は10位から6位まで。
明日は5位から1位まで。
明後日は番外編。
という構成でいきます。

「コタキナバル“勝手に”旨いものランキング2011」



10位
How Lee のお粥
コタキナバル郊外の美味しいお粥
コタキナバル市内から車で約15分。
ルーヤン地区にある人気店のHowleeはいつ行っても混んでいます。
皆さんのお目当てはお粥。
「お粥は病気の時に食べるもの」という私の価値観を、いい意味で壊してくれた、思い出の1品。フワフワした食感がたまらなく恋しくなるっ時があります。



9位
リンタスプラザ、クダイコピ33のパン
コタキナバルのスプリングヌードル
残念ながら、写真はありませんが、コタキナバル市内から車で20分ほどのところにある、リンタスプラザという場所にある、黄色い看板が目印のお店「33」。始めここのプリングヌードルが好きで通っていたのですが、夏位から味が少し変わり、個人的に…な具合に。で、そのお店で作っているパンが、これまた暖かフワフワで、何ともいえずやさしいパンなのでついつい手がでてしまっていていつの間にかファンに。今となってはスプリングヌードルよりパン目当てです。



8位
シャングリラズ タンジュンアルホテル内 「シャンパレス宮香」のエッグタルト
シャンパレスのエッグタルト
コタキナバルのお勧め人気スイーツがエッグタルト。
昔行った台湾で食べたエッグタルトもうまかったですが、コタキナバルも負けていません!ショッピングセンター内や、パン屋さんに売っているエッグタルトは、サクサクのパイ生地とトロトロのたまごカスタードが絶妙にマッチします。中でもシャンパレスのエッグタルトはぴか一でした!飲茶食べ放題の最後のデザートで、お腹いっぱいの時に食べたにもかかわらず、感動すら覚える旨さを今でも覚えています。衝撃でした…。



7位
クダイコピ メラニアン の生肉麺
ガヤストリートから1本海側に平行に走る道の、ミリメワスーパー近く、黄色い看板が目印のこのお店はは、生肉麺がとっても美味しい。丁寧に下ごしらえされてると、すぐにわかるような柔らかい肉。しっかりと下味が付けられた肉団子。コクがしっかりと出ていて、何杯でも飲みたくなるようなスープ。毎日食べてもきっと飽きないだろうな…。食べるといつもそう思います。リンタスプラザに本店がありますが、ガヤストリート店の方が断然美味しい!



6位
タンジュンアルファーストビーチのフードコートのアボガドシェーク
タンジュンアル フードコート
シャングリラタンジュンアルホテルから歩いて15分ほど。ビーチ沿いにあるフードコートは、週末になると地元の人が大勢夕日を見に集まるスポット。バーやシーフードレストランもありますが、フードコートで飲めるシェイクがランキングの6位です。
マンゴー、ココナッツ、ドラゴンフルーツなどのシェイクはフルーツと氷とほんの少しのシロップで作られていて、暑いコタキナバルでは最高の飲み物です。中でもアボガドシェイクは大好きです。地元の人に人気なのが「アボガドマイロー」アボガドシェイクにミロの粉末をかけたもの。




今日はここまでです。
明日は5位から1位の発表ですのでお楽しみください!



コタキナバルの現地ツアーなら!">



関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。