コタキナバルのシーフードレストラン「海王城・オーシャンシーフードビレッジ」

コタキナバルへいらっしゃったら、是非食べてほしいのが、シーフード料理。いくつもの水槽の中から、生きた魚介類を選び、調理してもらいます。さっきまで生きていたので、新鮮そのもの!エビの身なんかプリップリです!

今日ご紹介するのが、その名も、海王城(オーシャンシーフードビレッジ)です。

コタキナバルのシーフードレストラン

コタキナバル市内の南側海沿い。
プロムナードホテルの目の前、ワワサンプラザの目の前です。
センターポイントからだと歩いて20~30分ほどです。
お店の前にはいつもタクシーが停まっていますので、帰りの心配はありません。

いつもお店の前にはバスが何台も停まり、ぞろぞろとお店の中にお客さんが入っていきます。

私が行った日は、マレーシアのテレビドラマの撮影を店内でしていました。
旅をしている男女のカップルが、食事をしようとお店に入ってきて、「わ~。魚がいっぱい!どれにするか迷うなぁ」「このお魚は美容にもいいんですよ」「じゃあ3匹、いや5匹ください!」「ちょ、ちょっと、そんなに食べれるの?」…。

なんて会話をしていました。

そんな話は置いておいて、このお店は、クーラーの効いた部屋(禁煙ルーム)とファンのスペース(喫煙可)とがあり、水槽がずらっと並んでいるのが見渡せて、雰囲気がいいのがファンのスペースのです。
私も迷わず、ファンのスペースで食事をすることにしました。

水槽の中は、どこのシーフードレストランも大して変わらりませんので、私がシーフードれトランを選ぶ基準は、お客さんが入っていること。そうすれば、水槽の中の魚介も日々回転し、より新鮮なものを食すことができるから。オーシャンシーフードビレッジは、その点で◎。いつも団体客が入れ替わり立ち替わりです。

コタキナバルのシーフードレストラン、オーシャンシーフードビレッジ

予算はビールを飲まず、一人約80~90リンギット。

素材を最大限に生かし、素材の味を楽しむ調理方法の日本とは違い、味を付ける調理方法が好まれるマレーシアですので、注意が必要です。エビなんかはボイルしただけが一番好きなので、味付けなし、ボイルだけ。と注文したりします。ですがバターソースは結構うまいです。濃厚なソースでですが、ソース自体が好きで、良く頼みます。

コタキナバルのシーフード料理

後は、シーフードレストランで必ず注文してほしいのが、サバベジとココナッツプリン
どちらもクセになります!



コタキナバルの現地ツアーなら!">


関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ