スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コタキナバルで食べる炭火焼き魚

マレーシアの昼食と言えば、ナシチャンプルー、つまり、経済飯。

お皿にご飯をよそい、好きなおかずを選んで、自分で乗っけて食べるスタイル。
お会計はというと、お店の人の目測。

安くて、早くて、好きなものを食べられるので、みんな大好きです。

マレー系のナシチャンプルーで欠かせないのが、焼き魚
しかも炭火で焼くので、ふっくら美味しいんです!


コタキナバル 焼き魚

なかでもキンメダイがお勧め。
フワフワ、ホクホクした、ほんのり甘い白身、何とも言えない塩加減がたまりません!

マレーシア人は、日本人と同じように、いやそれ以上にとっても綺麗にお魚を頂きます。

1匹3リンギット(約80円)ほど。


イカン=魚
バカール=焼く

イカン・バカール(IKAN BAKAR)と書いてあるお店で食べてください!


コタキナバルへ来たら、是非食べてもらいたい料理の一つです!




コタキナバルの現地ツアーことなら




関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。