コタキナバルの「エコ」コーヒーフィルター

マレーシアの人は「お茶」大好き!
「お茶をしよう!」とすぐに誘い、誘われコーヒーを頼みます。

喫茶店や食堂で、「お茶」をして、意見や情報を交換します。つまり、日本でいうなれば、居酒屋。だから食堂はいつも誰かがお茶してます。

マレーシアのコーヒー(コピ)はと~っても甘くて、砂糖&練乳入り。
でも何ででしょう、日本ではブラックが好きな人でも、マレーシアで甘いコーヒーは飲める見たい!

郷に入らば何とやら。
甘いのが苦手な方も一度は甘いマレーシアのコーヒーを飲んでみてください!

もしも甘いのがダメなら、
KOPI O(コピ オー)。
これは練乳なし+砂糖入り。

もしくは、
KOPI O KOSON(コピ オ― コソン)
これは、ブラックです。

こんな頼み方もありますよ!

で、本題。

マレーシアではコーヒーを入れるとき、こんな布のフィルターを使います。

マレーシア コーヒーフィルター

私、日本にいる時は、もっぱら紙フィルターを使っていましたが、1度使ったら捨てないといけないのが、どうしても、もったいないと常々思っておりました!

この布フィルター、優れモノです!

洗って何回でも使える。
細かいコーヒーでも時間がかからず、しっかり出してくれる。

コタキナバルのスーパーで3リンギット程度で買うことができます。
サンデーマーケットなどでテノムコーヒーやホワイトコーヒーを買うなら、これも買ってマレーシア風にコーヒーを入れてみては?

コタキナバル ローカルコーヒー


使い方は簡単です。
布にコーヒー豆を入れて、熱湯を注ぐだけ。

コタキナバルコピ(コーヒー)を頼めば、ローカルの慣れた手つきでのデモンストレーションを見ることができますよ!


<


コタキナバルの現地ツアーことなら




関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ