スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コタキナバル発ご当地麺「テノムミー」

コタキナバルから車で約30分。
オランウータンの保護施設がある、ラサリアリゾートがある地域がトゥアランという町。
行かれた方もいるかもしれませんが、トゥアランの名物はトゥアランミー
太くも細くもないたまご麺がトゥアランミー。その麺を塩とダシで味付けし、焼そばの様にしていただきます。

所変わって、サバ州内にはテノムという街があります。
コタキナバルから車で約3時間。
コーヒーで有名なテノム。
お土産で有名なシンプリーチョコレートの「テノムビーン」は、テノムコーヒー豆がそのままチョコレートに入っていて香ばしくってとてもおいしいです。

で、今日ご紹介するのは、そんなテノム地方のご当地麺。
「テノムミー

テノムミー コタキナバル

特徴はたまごでとじてあるアンが、焼きそばの上にのていること。
すっごくやさしい、柔らかい味。

テノムミー コタキナバル

その麺にパンチのある味付けのチャーシューをトッピングしてインパクトを出すのが好きです。

コタキナバル市内からは車で約20分。
Jlnペナンパン沿い、KDCA前のランダバウトを右に入り、左へ曲った所にあるお店。
名前は「新利茶賓室 クダイコピ シンリー」

テノムミー コタキナバル

お昼前からいつも賑わっています。
美味しい店の証。



コタキナバルの現地ツアーことなら


関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。