コタキナバルで食べる菜心、チョイサム


コタキナバルではシーフード肉骨茶が有名な料理ですが、料理を注文するとき、バンランスを考えて、野菜も注文しますよね?

でも、野菜がメインになることもあります。

これ、チョイサム。
チョイサム・マニス
中国野菜で一般にチョイサム(菜心)と言われるものとは少し違うかも。

マレーシアでは、スィート・チョイサムとか、チョイサム・マニス(=甘い)と言います。

以前、カイランという野菜をご紹介しましたが、実はチョイサムは、カイランをもしのぐほどのおいしさです。
瑞々しさ、味、食感、歯ごたえ…、こんな素晴らしい野菜はなかなかありません。

特に、新萬泰(ニューマンタイ)のチョイサム炒めは最高。
ニューマンタイ

食事をしている人のほとんど全員がチョイサム炒め食べています。

佑記肉骨茶は人気ですが、その向かいの新萬泰も心からオススメです。




コタキナバルの現地ツアーことなら





関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ