スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コタキナバルのすし。バターフィッシュ!?

あけまして、おめでとうございます。
2014年も着実に始まりましたね。

2013年にコタキナバルへいらっしゃった方、このブログを参考にコタキナバルを楽しんだ方、ありがとうございました。2014年にコタキナバル旅行をご計画の方は、このブログをさかのぼ~って、価値ある情報を引き出してください。そして、楽しい、有意義な旅行になることを願っています。

皆さま、今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、年頭のあいさつはこのくらいにして、今年最初の投稿は、コタキナバルのすしネタ。

コタキナバルにもいくつか日本食レストランがあって、ローカルにもヘルシーな日本食は大ウケ。週末はどこも大盛況です。コタキナバルに住んでいる私たち日本人も、日本食が恋しくなると日本食レストランへ足を運びます。

コタキナバルにある日本食レストランのチェーン店「SUSHITEI」は、私たちが思う「日本食」ではなく、外国人が思う「日本食」で、リーズナブルな価格が好評です。
私もよく行くのですが、この魚、知っていますか?



後ろは、サーモン。

みんなサーモンは大好き。
脂が乗っていて、おいしいですからね。

手前は?

メニューには、「バターフィッシュ」。

??

何でしょう。バターフィッシュとは?

ネットで調べると、「油坊主」とか「イボダイの仲間」とあるのですが、実際のところなんでしょう?
(知っている方、教えてください!)
日本では見ないですよね。
油が多すぎてお腹を壊すので、食用禁止だとか…。


これが、結構うまいんです!

油がこってり、「食べてる!」っていう満足感に浸れます。本当にすしが好きな方に言わせると、大味だ!とかって言われそうですが、あまりスシを食べない私にとっては、サーモン、バターフィッシュは、いわば2トップ。

いつも必ず食べます。
コタキナバルで、すしを食べる機会があったら是非トライしてください。

susi2.png

回転ずしもあるのですが、あまりみんな手を出してない様子。。。
結構前に握られたものかな?

susi3.png

【追記 2014.1.25】
コタキナバル在住のJ郎さんからバターフィッシュについて情報を頂きました!

「私も以前気になってバターフィッシュが何か調べました。

いまだ確証はもてませんが、おそらくはバラムツかアブラソコムツという深海魚だと思います。

調べれば分かるかと思いますが、この魚は人間には消化できない油脂を含むので、食べ過ぎると下の方がたいへんなことになるそうです。そんなことから日本では食用として取引されていませんが、ご存じの通り美味なので、「日本では食べられない珍味」ということにはなるかな。」

珍味ですので、コタキナバルへいらしたら是非食べてみてください!




コタキナバルの現地ツアーことなら




関連記事



コメント

バターフィッシュとは

コタキナバル在住のJ郎です。私も以前気になってバターフィッシュが何か調べました。いまだ確証はもてませんが、おそらくはバラムツかアブラソコムツという深海魚だと思います。調べれば分かるかと思いますが、この魚は人間には消化できない油脂を含むので、食べ過ぎると下の方がたいへんなことになるそうです。そんなことから日本では食用として取引されていませんが、ご存じの通り美味なので、「日本では食べられない珍味」ということにはなるかな。

Re: Re: バターフィッシュとは

> J郎さん。
> 貴重な情報ありがとうございます。
>

No title

 くいしん坊主KKさん。
 私自身は他の日本の方々に、バターフィッシュを強くすすめるつもりはないので、もうちょっと詳しく書きます。
 日本の厚生労働省は、バラムツないしアブラソコムツは食べると下痢を起こす「有毒種」としており、バラムツは1970年に、アブラソコムツは1981年に食用禁止となっています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/animal_det_08.html

 また、日本以外でもシンガポールの農食品・獣医局(AVA)も、2007年の通達で、消費者に対しアブラソコムツとバラムツが健康に及ぼす悪影響の可能性を示し、シンガポールの輸入業者・小売業者に対して正確な名称表示を行うよう指示しています。
http://www.ava.gov.sg/FoodSector/FoodSafetyEducation/
http://www.ava.gov.sg/NR/rdonlyres/491431C1-248F-4BE3-BA78-07AA5D32163D/12718/FoodSafetyAwarenessEscolarJan07992.doc

 先に記した通り、コタキナバルで出されている「バターフィッシュ」が本当にバラムツかアブラソコムツであるかは確証がもてません。でも、その可能性がある以上、日本の方々には「あとで知らないうちに尻からオレンジ色の油が出てくるかもしれませんから、たくさんは食べない方が良いですよ」と言っています。
 他方、やっぱり美味ですので、寿司や刺身の盛り合わせで数切れ程度出されているのであれば、私も構わず食べています。その程度であれば、その後具合が悪くなったこともありません。

No title

 たびたびすみませんJ郎です。アブラソコムツの有毒性とそれに対する各国の対応について非常に詳しい記事を見つけたので以下に示しておきます。
http://blogs.dion.ne.jp/touzadiary/archives/2007-03-1.html

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。