スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



マレーシアの屋台で、スナックを食す。「クロコップ・レコール」


今月末から、マレーシア、コタキナバルもラマダン(断食)が始まり、日中閉じるお店が多くなります。
そして夕食前にはラマダンバザール、夕食にはラマダンビュッフェがあり、日本人の私たちにとっては見慣れない期間となります。

ラマダンバザールには、色々な食べ物の屋台が並びますので、この時期にマレーシアへ旅行される方は要チェックです。

で、ラマダンバザールの屋台にあるかもしれないもののひとつ、クロコップ・レコール(Kerokop Lekor)をご紹介します。

コタキナバルの屋台で
Photo by Flickr

見た目は悪い(?)ですが、ピサン・ゴレンと並び、私の大好きなスナックです。

コタキナバルの屋台で

魚のすり身、サゴ粉(小麦粉の場合も)、調味料を練り込み、揚げたお菓子。
これにチリソースをつけて食べる様ですが、私はこのままいただきます。

半島マレーシア発のおやつだそうですが、コタキナバルでもたまに目にします。
サンデーマーケットなどではなかった様な気がします。
ラマダンや旧正月など臨時の屋台でよく見かけます。

コタキナバルの屋台で

冷めると少し硬くなり、魚の香りが強くなるので温かいうちに食べるのがおすすめ。

マレーシアのおやつクロポック

こんな屋台を見かけたら、是非チャレンジしてみてください!
おいしいですよ!




コタキナバルの現地ツアーことなら





関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。