新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

コタキナバル市街地、海沿いにあるハイアットリージェンシーのロビー階にあるビュッフェレストランが、長い改装期間を終え、オープンしています。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

2014年の年末からスタートしたタンジュンリアキッチン。
今までは、ロビーの一角にあり、なんだかラウンジみたいなレストランで、名前も「タンジュンリアカフェ」でしたが、今度はスペースが区切られたレストランにリニューアルしました。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

「タンジュンリアキッチン」という名の通り、まるでキッチンの中に入って料理をシェフから分けてもらっているかのような感覚に陥るようなデザイン。日本のデザイン会社によるものだそうです。

ちなみに、タンジュンは「岬」、リアは「幸せ」です。

活気のある料理のサーブエリアとは対照的に、広々とした間隔のあるテーブルの配置と、自然の色をを多く使い柔らかいライトを当てたインテリアは落ち着いた雰囲気を演出しています。海の見える明るい席もありました。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。


鶏肉がぶら下がっているのは東南アジアの人気料理「ナシアヤム」。チキンスープで炊いたご飯が美味しいんですよね。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

点心(ディムサム)コーナーには蒸籠にはいったシュウマイ等の他に揚げた点心もありました。ハラル認定を受けた点心です。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

メイン料理のあるエリアには、こんなラム肉も。柔らかくておいしかったです。
他にもグリルサーモンやピザ、シチュー、ミートローフもありました。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

シェフがサテを焼いてくれています。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

他にも、タンドリーチキンやカレー、ロティやナンがあるインド料理のコーナー、サラダのコーナー、フルーツのコーナーもありました。

忘れてはいけないデザートコーナー。
ケーキだけでなく、マレーシアのお菓子も置いてあり、もとても美味しかったです。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

これは、マッシュルームスープ。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

ラム肉のグリルとラザニア、魚のグリル。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

チーズナン。
ボリュームが…。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

ケーキは別腹。

新しくなったハイアットのタンジュンリアキッチン。いいです。

ハイアットのビュッフェレストランだけあって、どれも本当に美味しかったですし、スンに気もスタッフもとてもよかったです。
中華、インド、マレーなど、マレーシアの料理と西欧料理が両方とも楽しめます。

12歳以下は半額、5歳以下は無料だそうです。

タンジュンリア キッチン
12:00-14:30 (90リンギット/1人)
18:30-22:00 (138リンギット/1人)
サイト:http://www.kinabalu.regency.hyatt.com/
facebook:https://www.facebook.com/HyattRegencyKinabalu





コタキナバルの現地ツアーことなら



関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ