コタキナバルでマズかったもの…。

コタキナバルでマズかったもの…。

私自身、結構なんでも食べる、と言うか、良く言えば好き嫌いがない、悪く言えば味音痴だと思うのですが、コタキナバルの料理は本当に美味しいものが多いのが事実です。

お客様に聞いても、ハズレがなかった、とか、美味しいものばっかり、とかいう意見を聞きます。

でも、その中でも過去にマズいな、これ、っていう料理もなかったわけではありません。今考えれられるなかでそのマズかった料理を今日はご紹介したいと思います。

いつも、「美味しい!美味しい!」ばかり言って、なんか飽きてきた!ということもありますがどうぞお付き合いください。


肉骨茶ヌードル


コタキナバルでマズかったもの…。

あれは忘れもしません。
人生で初めてコタキナバルに降り立った日。

直行便で大阪からコタキナバルに着いたのですが、マレーシア航空の食事が出発してすぐ、15時頃に提供され、既に昼食をとっていたというのもあり、あまり食べなかったんです。
そうすると20時過ぎにコタキナバルに到着して、ガイドさんにホテルに送ってもらうんですけど、21時過ぎごろでしょうか、とってもお腹が減るんです。

何か食べたいなぁ、と思い、ガイドさんに効くとなにやら「バクテー」がおすすめとのこと。

その時は、コタキナバルのこと、マレーシアのことは全くわからなかったので、バクテーなんて初めて聞きました。だからとりあえずそのガイドさんおすすめのお店「新記肉骨茶」に行ったんです。

でも、何を頼んでいいのかさっぱり分からずに迷っていると、お店の人がメニューをもってきてくれて、その中から選べと。
で、メニューを見ていると「肉骨茶」「麺」という商品が。

これだ!と思い注文したのがコレです。

これがマズかった。

麺がなんかスカスカだったんです。
ラーメン屋では固め、パスタはアルデンテで育ってますから、このスカスカのスポンジみたいね麺がどうも気に食わない。
スープが美味しいかどうかなんて言うのも全く覚えていません。

そのぐらいの衝撃でした。

その後、新記肉骨茶にも何度か行っていますが、この麺は注文したことがありません。
ちなみに、新記肉骨茶の肉骨茶はおいいです!



ロジャッ・ミー


コタキナバルでマズかったもの…。

ビジネスパートナーにコタブルに連れて行ってもらったとき、何が食べたい?って聞かれたので、この土地のおすすめの料理が食べたいと言ったら、注文してくれた料理の中に、このロジャッがありました。

麺料理だよ、と言うので食べてみると「甘いーーー!」。

皆さん、甘い麺って食べたことありますか?
ラーメンも、うどんも蕎麦もパスタも冷やし中華だって甘くない。

このロジャッって、甘いんですよ。
それもそのはず、サテにからめるソースがかかっているのですから。

これには、相当ビックリしました。
初めてロジャッを食べたこの時、実は一口しか食べませんでした。

ただ、今はロジャッ、大好きです。
慣れてくるのか、それとも、ただビックリしただけなのかわかりませんが、2回目からは普通に食べれました。

皆さん、是非、ロジャッ、試してみてください。
ぺナンとか半島の方は色々なフルーツにこのソースをからめて食べるそう。

未だ食べたことないんですが、美味しいですか?



ファットキーのお米


コタキナバルでマズかったもの…。

マレーシアのお米、なんかパサパサで本当に美味しくない。

でも、マレーシアのおかずやインド系のカレーと一緒だと、水分が多いからなのか、あまり気にならないのです。
多分、日本米とマレーシアのおかずはあまり合わないと思います。
だから、白米も普通に食べます。

が、ファットキーの白米は、どうも、今でも好きになれません。

ファットキーはコタキナバルでも有名な中華の老舗。
連日多くの人でにぎわいます。
私も、ここの料理、どれも美味しくて好きです。

問題が、白米。

食べたことある人も多いと思いますが、大丈夫でした?

白米だけ変えてくれたらいいのに!っていつも思います。
だから、お米を食べる時は、白米よりナシゴレンがおすすめです!


良く考えたら、こんなにたくさん料理があるのにマズかったのはこれだけって、レベル高いな、コタキナバル。
それか、なんでも食べすぎなのかな?






コタキナバルの現地ツアーことなら



関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

新着記事

test

プロフィール

Hagechan

Author:Hagechan
                            
食べるの大好き、コタキナバル在住のスタッフがコタキナバルの料理を食べつくす!
お洒落なレストランから、ローカルが集うレストランまで。マレーシアの食の楽しさが皆さんに伝われば幸せです。

このページのトップへ